おきつしまブログ 〜鬼門除け〜

先日、新型コロナウイルスに効くお守りってないの?という質問が話題にあがりました。

新型コロナウイルスのみに特化したお守りはありませんが、新型コロナウイルスのような「悪いもの」とされているものを防ぐお守りはあります。

その昔、病気や疾病、地震、火災、天災など、そのすべての災いは鬼の仕業とされていました。その鬼は北東の方角(艮=丑と寅の間)からやってくるとされています。その鬼が入ってくる方位がいわゆる「鬼門」と呼ばれています。

家相の鬼門の方位においても、鬼門とされている年回りにおいても、十分に注意をしなければなりません。

その災いを少しでも除けてくれるお守りとして、隠津島神社では「鬼門除」のお守りをお分けしております。

ちなみに令和2年「鬼門」の年回りに該当している方は一白水星の方です。

一白水星は、平成29年生・4歳、平成20年生・13歳、平成11年生・22歳、平成2年生・31歳、昭和56年生・40歳、昭和47年生・49歳、昭和38年生・58歳、昭和29年生・67歳、昭和20年生・76歳、昭和11年生・85歳、昭和2年生94歳の方々が該当します。

本来であれば年の初めに鬼門除けのご祈祷を受けていただくのが望ましいのですが、ご祈祷を受けるほどでもないけど、なんとなく気になるという場合は、お守りを身の周りに置いたりしていただくだけでもよろしいかと思います。

鬼門に気をつけて、平穏な毎日をお過ごしください。

コメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA