夏詣
Natsumode

夏詣

日本の夏の新しい風習。夏詣。

1月1日から始まるお正月の初詣と同じように、1年のちょうど折り返し点となる節目の7月1日から神社仏閣にお参りに行くことを指します。
神社やお寺に足を運ぶのは毎年お正月の初詣のときくらい、という人も少なくないはず。じつは夏の時期にも、古くから受け継がれてきた季節のお祭りがあります。
各神社で毎年6月30日に行われるのが「夏越の祓」(なごしのはらえ)。大祓(おおはらい)は年に2回あり、12月31日大晦日に行われるのは「年越の祓」(としこしのはらえ)。「夏越の祓」は、1年の半分が過ぎ、その間に知らず知らずに身についた罪や穢れ、災厄を落とし、清らかな状態で残りの半年を過ごすために行われてきた大切な神事です。

「茅の輪くぐり」をすることでも知られています。
年越の祓があって初詣が始まる、それと同じように「夏越の祓」の翌日、7月1日から神社仏閣に足を運んで日本の文化や風習に触れられる、それが「夏詣」です。

隠津島神社では7月10日までを夏詣の期間としています。浴衣に着替えて、いくつかの社寺を巡りながら夏のはじまりを味わうのも素敵ですね。当神社だけでなく参画神社ごとに夏詣御朱印なども用意されているので、社寺めぐりをたっぷり楽しんではいかがでしょうか。

夏詣

夏詣(外部リンク): https://natsumoude.com

隠津島神社では期間限定の御朱印と縁起物を頒布しております。縁起物は数の限りがありますのでご容赦ください。