おきつしまブログ 〜おみくじの謎〜

某アンケートにて。


神社に行く理由、第1位は「おみくじを引きにいく」、だそうです。社頭においてもおみくじを引く方は本当に多いですね。


そもそもおみくじとは。おみくじ(御神籤・御御籤・御仏籤またはみくじ・神籤・御籤・御鬮・仏籤)とは神社・仏閣等で吉凶を占うために引く籤である。「みくじ」は「くじ」に尊敬の接頭辞「み」をくわえたもの。(Wikipediaより抜粋)
おみくじとは吉凶を占うくじで、その結果には神様の意思が表れているものなんですね。


これだけ科学が進歩した現代でも、日本人には信仰心がないと言われていても、おみくじの結果は気にしてしまうものですが、「年の初めの運試し」を行うにはもってこいの占いの一つと言われる所以です。

大昔はおみくじによって戰(いくさ)に関することを占っていたという資料もあるようなので、おみくじがいかに日本人にとって大切なものかわかりますね。おみくじの結果次第では歴史が変わっていたかもしれません。


ではおみくじを引くとどんな結果が出るのでしょうか。
もっともポピュラーなおみくじは大吉から大凶までの吉凶を占うものです。一般的な結果と順番は


大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶・大凶


ですね。


やっぱり大吉を引くと嬉しいし、凶を引くと不安になるものです。また、神社やお寺によって異なりますが、中には大吉の次が「吉」だったり、「凶」や「大凶」が入っていなかったり「平(たいら)」が入っていいたりします。


どのような結果であってもおみくじの言葉は神様からのメッセージです。もし凶を引いてしまっても、神様が事前に凶事をお知らせしてくれたと思えば、むしろ吉報なのではないでしょうか。

コメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA